BigBoss利用客の評判は良い?悪い?信頼性と安全性を徹底調査

12月 1, 2020

「BigBossに対する利用客からの評判はどうなのか」
「信頼性や安全性は確保されているのか」

BigBossの利用を考えている方は特に、利用客の評判は気になるのではないでしょうか。

また、BigBossに対する悪い噂を聞いてしまい、信頼性や安全性に対して不安を感じてしまった方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、BigBossの評判を紹介しつつ、BigBossに信頼性や安全性がある根拠について紹介していきます。是非参考にしてみてください。

この記事を書いた人

海外FX「BigBoss大攻略」編集部

FXトレードの経験があるライターによる執筆記事のみを掲載。「海外FXをもっと簡単に」というミッションのもと発信活動を続けている。

海外FX「BigBoss」の評判は?

海外FX「BigBoss」の評判には、主に以下のような意見が見られます。

  • キャンペーンがアツい
  • 最大レバレッジは高め
  • 注文と決済がとにかく速い
  • 通貨ペアが少ない

多少の不満を感じている方はいるものの、総合的に見て「BigBossは良い取引先だ」という評判が多いようです。

また、お得なキャンペーンを開催していることもあり、BigBossの評判は日々上昇し続けています。

海外の大手評判サイトでは評価数が少なくて判断できない

海外の大手評判サイト(Forex Peace Army)でBigBossの評判を確認してみました。

しかし、BigBossに対する評判は1件しか見つからず、情報としては不十分でした。

こちらは悪い評判ではありましたが、BigBossに対する評判自体が1件と少ないので、信憑性には欠けます。

上記の評判を含めて、実際にBigBossに信頼性や安全性があるのか、次から詳しく見ていきましょう。

海外FX「BigBoss」に信頼性や安全性はある?

海外FX「BigBoss」に対する信頼性や安全性を疑うような評判がありましたが、BigBossは信頼性や安全性のある取引先です。

BigBossの信頼性や安全性を証明する根拠として、以下の3つが挙げられます。

  信頼性や安全性を証明する根拠

  1. 金融ライセンスを取得している
  2. 分別管理と信託保全がある
  3. 有名K-1選手が公式スポンサーになっている

なぜ上記の理由がBigBossの信頼性や安全性に繋がるのか、次から詳しく紹介していきます。

【評判①】金融ライセンスを取得している

BigBossはセントビンセント及びグレナディーン諸島において、インターナショナル・ ビジネス・コーポレーション(IBC)として正式な登録を受けています。

かつては、ニュージーランドにある「NEW ZEALAND COMPANIES OFFICE」で金融ライセンスを取得していましたが、現在はライセンスを抹消され法人登録を残すのみとなっています。

ただ、BigBossが金融ライセンスを抹消された理由は、単なる事務手続きの行き違いによるもの。

BigBoss側が何か問題を起こして金融ライセンスを剥奪されたわけではありません。

2つの金融ライセンスを取得した実績があることからも、BigBossの取引に対する信頼性は高いと言えるでしょう。

【評判②】分別管理がある

FX会社には、“分別管理”と“信託保全”の2つの保証制度があります。それぞれの内容は以下の通りです。

  • 「分別管理」:証券会社が破綻しても資産が保護される管理方法
  • 「信託保全」:倒産しても信託保全されている資産の範囲内でトレーダーを通じて返還すること

BigBossでは分別管理を採用しており、万が一BigBossが破綻した際には、管財人を通じて口座資産が全額返金されます。

ただし、分別管理で保証されるのは口座に入っていた資金のみ。

決済前の利益とスワップポイントは口座資産として計上されないので、注意しましょう。

【評判③】有名K-1選手が公式スポンサーになっている

BigBossは2019年から、K-1選手「シナ・カリミアン選手」を公式サポーターとして就任しました。

 〈シナ・カリミアン選手〉

イラン出身のプロキックボクサーで、K-1WORLDグランプリの初代クルーザー級王者。
イランでは“英雄”と呼ばれているなど、実力と人気を兼ね備えている選手。

そんなプロ選手の公式サポーターとして就任したことは、BigBossの信頼性が高いことに繋がります。

なぜなら、企業スポンサーが不祥事を起こした経歴があると、選手自身のブランドを下げることになるから。

なので、BigBossはスポンサー契約をする前に財務状況や内部体制を厳しく審査されたことでしょう。

BigBossが見事公式サポーターに就任したことから、審査の上で第三者から信頼性について高く評価されたという証明になります。

日本の金融庁から警告を受けている

BigBossは過去に、日本の金融庁から「無登録で金融商品取引業を行っている」として警告を受けています。

警告を受けている、と聞くとサービスの信頼性について疑ってしまいますが、こちらは日本語公式サイトを持っているほぼ全ての海外FX業者が受けている警告です。

“GEMFOREX“や”XM“などの有名な海外FX業者でさえも、同様に警告を受けています。

日本の法律では、「海外FX業者が日本住居者に対してサービスを提供すること」「日本住居者が海外FX業者のサービスを利用して取引を行うこと」は合法であり、問題ありません。

しかし、“海外FX業者が日本住居者に対して勧誘行為を行うこと”に対しては明確に禁止されています。

以上のことから、海外FX業者は日本語公式サイトを持っているだけで“日本住居者に対しての勧誘行為を行っている”とみなされて警告を受けていることが分かります。

そのため、BigBossの日本語公式サイトでは、勧誘行為を行っていない旨が明記されています。

ただ、こちらの警告には行政処分や業務停止命令のような強制力は一切ありません。『警告を受けているからいつ行政処分を受けるか分からない』と怯える必要はありません。

海外FX「BigBoss」の詐欺に関する噂はウソ!

信頼性や安全性が高く、利用者からの評判も高いBigBossですが、一部では『海外FX「BigBoss」は詐欺業者だ』という噂も流れています。

「BigBossが詐欺業者である」と判断されている理由は以下の2点です。

  • 「無登録業者として警告を受けている」
  • 「ライセンスが取得場所がマイナーすぎる」

確かにこれらの内容は事実なので、信頼性に欠けると感じてしまう方もいるでしょう。

しかし、『「BigBoss」が詐欺業者』という噂は全くのウソです。

それどころか、BigBossは利用客からの評判が高く、今までの運営で大きなトラブルを発生させたこともありません。

これらの実績で判断すれば、BigBossは十分信頼に値する企業と判断できるのではないでしょうか。

まとめ:海外FX「BigBoss」の評判は日々上昇している!

BigBossに対する評判は総合的に見ても良い意見が多く、評判は日々上昇しています。

ただ、中には「信頼性が低いのでは?」「詐欺業者ではないのか」と疑う噂もあります。BigBossが信頼性や安全性のある業者である根拠は以下の3つです。

  1. 金融ライセンスを取得している
  2. 分別管理と信託保全がある
  3. 有名K-1選手が公式スポンサーになっている

過去には金融庁より「無登録で金融商品取引業を行っている」として警告を受けていますが、この警告は日本語公式サイトを持っている海外FX業者ほぼ全てが受けています。

BigBossに限った話ではない上に、取引や運営方法に対しての警告でもないため、信頼性や安全性を揺るがすものではありません。

12月 1, 2020評判・口コミ