海外FXでもスワップポイントはもらえる? 国内FXとの違いも比較!

4月 30, 2021

海外FXでもポジションを保有しているとスワップポイントがもらえることをご存知だったでしょうか?

ただ、国内FXの盛り上がりと比べてあまり流行はしていませんが、スワップトレードをすればコツコツと利益を積み重ねられます。

そこでこの記事では、

  • 海外FXと国内FXのスワップトレードの違い
  • 海外FXと国内FXのスワップポイントの比較
  • スワップトレードにおすすめの海外FX業者

について解説します。

この記事を読むことで海外FXでもスワップポイントを得ながらトレードできるのかわかります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事を書いた人

茶虎
海外FX歴8年の現役トレーダー兼ライター

国内FXを1年ほど利用していたが、資金的に利用しにくいという理由で海外FXに転身。これまで口座開設した海外FX口座は10種類以上。トレード方針はスイングトレードとEAを使った自動売買。2018年より、ライターとして「FX」「節税」「クレジットカード」など投資・金融ジャンルを中心に200記事以上を執筆。海外投資にも関心があり、投資を行っている。

海外FXでトレードをしてもスワップポイントはもらえる!

海外FXでトレードをした場合でもスワップポイントはもらえるので、長期保有が前提でのスワップトレードも可能です。

スワップトレードとは、高金利と低金利の通貨ペアを売買すること。毎日もらえるスワップポイントから利益を得る方法のこと。

スワップポイントは、為替の値動きにかかわらず必ずもらえる利益なので、分析が苦手な方でも毎日コツコツと利益をもらえるのです。

海外FXと国内FXのスワップトレードの3つの違い

海外FXだけでなく国内FXでもスワップトレードはできます。ただ、国内FXではスワップトレードが盛んに行われているにもかかわらず、海外FXでは、あまり流行していないようです。

国内FXと海外FXのスワップトレードには以下のような違いがあります。

  1. 海外は対ドル・対ユーロの取引が主流
  2. 海外FXの方がレバレッジが高く多くのロットで取引ができる
  3. 海外FXと国内FXでは強制ロスカットになるリスクが違う

詳しく見ていきましょう!

1.海外は対ドル・対ユーロの取引が主流

まず、国内FXと海外FXでは流通量が少ないマイナー通貨の通貨ペアが一部違います。

国内FX クロス円が多い
海外FX クロス円は主要通貨のみで対ユーロや対ドルが中心

たとえば、国内FXでスワップトレードをする際に人気のある通貨ペアは、以下の3通貨。

  • TRY/JPY
  • ZAR/JPY
  • MXN/JPY

トルコリラやランドが高金利であるのに対し、日本円は低金利なのでスワップトレードにぴったりです。加えて、私たちが普段利用している円なので、なんとなくなじみやすいと感じる方もいます。

ところが、トルコリラやランドなどの高金利通貨の人気が高いのは、国内FXのみ。

以下の表は、国際決済銀行(BIS)が2019年12月に発表したレポート金融先物取引業界が発表した2019年に発表したレポートで発表されている各通貨ペアの取引量を順位化した結果です。

国内FX 世界中(全部で42通貨ペア)
TRY/JPY 13位 39位
ZAR/JPY 12位 38位
MXN/JPY 14位 圏外

国内FXでは、FX業者がスワップトレードを宣伝している影響もあり、取り扱っている通貨の中で12位〜14位です。主要通貨ペアが7種類あることを考えると、かなり取引されているといえるでしょう。

ところが、世界中のFX業者での取引需要はほとんどありません。海外では対ドルや対ユーロでの取引が多い傾向があるため、USD/TRYやUSD/ZARの方が需要があります。とはいえ、それぞれの取引量は24位なので、ほかの通貨ペアの取引量と比べて多くはありません。

実際に、ほとんどの海外FX業者ではトルコリラやランドなどの通貨の取引は可能ですが、高金利通貨と円の通貨ペアが取引できる業者はかなり少ないです。

2.海外FXの方がレバレッジが高く多くのロットで取引ができる

海外FXと国内FXでは最大レバレッジがまったく違います。

国内FX 海外FX
最大レバレッジ 25倍 400倍以上

海外FXの方がレバレッジが高いので、国内FXよりも多くのロットで取引できるのです。そのため、海外FXの方がもらえるスワップポイントも多くなりやすいです。

ただし、スワップトレードは利益が多くないので、大量ロットでのトレードが前提です。証拠金に見合わないロット数で取引した場合、損失も多くなるので注意してください。

▶︎海外FX業者のレバレッジ倍率を比較!

3.海外FXと国内FXでは強制ロスカットになるリスクが違う

海外FXの方が強制ロスカットによる大損のリスクが低いでしょう。スワップトレードは、価格が逆方向に動いてもずっとポジションを持ち続ける手法です。

そのため、含み損がとても多くなる傾向があります。もし、一方向に値動きが偏ると証拠金維持率がどんどん下がり、強制ロスカットにより大損する可能性が高くなります。

特に、国内FXの証拠金維持率は海外FXよりも高めに設定されており、強制ロスカットにかかるリスクが高いのです。

国内FX 海外FX
強制ロスカットされる証拠金維持率 50%〜100% 20%〜30%
追証 あり なし

さらに、国内FXでは追証があるため、口座に入金した金額以上を失うリスクもあります。特に、リーマンショックなど数十円以上の暴落が起きたときは、スワップトレードが原因で大損したトレーダーもいました。

そのため、スワップトレードをする際は、通常の為替差益を狙うトレード以上に資金管理が必要です。

海外FXと国内FXのスワップポイントを比較してみた

ここからは、海外FXと国内FXでもらえるスワップポイントにどのぐらいの違いがあるのか見ていきましょう。なお、スワップポイントは、1日ごとに変動しており、日によってもらえる量も違うので注意しましょう。

1日あたりにもらえるスワップポイントで比較!

まずは、10万通貨の取引をした際に1日でもらえるスワップポイントを比較してみましょう。海外FXでは高金利通貨のクロス円を扱っていないので、単純な比較はできませんが、それぞれ1日あたりにもらえるスワップポイントで比較します。

TRY(トルコリラ) ZAR(ランド) MXN(メキシコペソ)
BigBoss 3,413円 461円 取扱なし
XM 2,640円 465円 405円
Axiory 4,122円 521円 730円
ヒロセ通商 LION FX 210円 60円 80円

※国内FXは対円、海外FXは対ドルで比較

1日あたりにもらえるスワップポイントは、海外FXの方が明らかに多いですね! 特にAxioryはスワップポイントを多くもらえます。

1年間にもらえるスワップポイントで比較!

次に1年間ずっとポジションを持ち続けた場合で比較してみましょう。

TRY(トルコリラ) ZAR(ランド) MXN(メキシコペソ)
BigBoss 124万5,745円 16万8,265円 取扱なし
XM 96万3,600円 16万9,725円 14万6,825円
Axiory 150万4,530円 19万165円 26万6,450円
ヒロセ通商 LION FX 76,650円 21,900円 29,200円

※国内FXは対円、海外FXは対ドルで比較

1年間ずっとポジションを持ち続けた場合、海外FXならかなりの収入になります。他方、国内FXで海外FX並のスワップポイントを得ようとすれば、数十倍のロット数での取引が必要になるので、リスクが高くなります。

海外FXならスワップポイントで生活も可能!?

スワップトレードは、為替差益を狙うトレードと比較するとチャートの分析能力などは必要ありません。とにかくポジションを持ち続ければ、コツコツと利益を得られるので資金量が重要です。

では、海外FXでは、スワップポイントから得られる利益で生活は可能なのでしょうか? 難易度は高いですが、国内FXよりもレバレッジが高いので、スワップポイントで生活できる可能性はあります。

たとえば、トルコリラの通貨ペアを購入し、以下の条件で、1か月30万円稼ぐために必要な証拠金と保有しなければならないLOT数をシミュレーションしてみました。

国内FX 海外FX
レバレッジ 25倍 1,000倍
1日のスワップポイント(1LOTの場合) 200円 3,000円
1か月30万円稼ぐのに必要なLOT数 500LOT 3.33LOT
必要なLOT数を保有するために必要な証拠金 2,680万円以上 36,000円以上

月に30万円を稼ごうと思った場合、国内FXの場合最低でも500LOT保有しなければならず、2,680万円以上の資金が必要です。

一方で、レバレッジ1,000倍の海外FXを利用した場合、3.33LOTを保有し続けるだけで月30万円のスワップになるので、必要な証拠金は最低でも36,000円以上で済みます。

そのため、海外FXならスワップトレードで稼ぐことも可能ではあります。ただし、ロット数を大きくすれば相場状況により含み損も多くなるかもしれません。

証拠金に見合わないロット数でのトレードは控えましょう。

スワップトレードにおすすめの海外FX業者

ここからはスワップトレードにおすすめの海外FX業者を紹介します。

  1. XM
  2. BigBoss
  3. Axiory

これから海外FXでスワップトレードをしたいのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

1位:XM

出典:XM Trading

XMは、最大レバレッジ888倍で取引ができます。そのため、多くのロット数で取引が可能です。また、トルコリラ、ランド、メキシコペソの通貨ペアがそれぞれ取引できるので、スワップトレードにもぴったり!

USD/TRY USD/ZAR USD/MXN
1日に得られるスワップポイント(1LOTあたり) 2,640円 465円 405円

100%入金ボーナスのキャンペーンも開催しているので、資金の少ない方にもおすすめです。

2位:BigBoss

BigBossは最大レバレッジ999倍での取引ができます。ただし、メキシコペソの取引ができない点とUSD/TRYとUSD/ZARは、レバレッジが50倍に制限される点には注意してください。

USD/TRY USD/ZAR USD/MXN
1日に得られるスワップポイント(1LOTあたり) 3,413円 461円 取扱なし

ただ、XMよりも得られるスワップポイントは多いです。そのため、ポジション量を増やしすぎて含み損が大きくなるのが怖い方には、BigBossの方がおすすめ!

また、XMよりもスプレッドが狭いので短期トレードもしやすいです。100%入金ボーナスキャンペーンも不定期ながら開催しているので、ぜひ口座開設してみてはどうでしょうか?

3位:Axiory

出典:Axiory

Axioryは最大レバレッジが400倍とやや低めです。しかし、得られるスワップポイントは他社よりも多いのでおすすめ!

USD/TRY USD/ZAR USD/MXN
1日に得られるスワップポイント(1LOTあたり) 4,122円 521円 730円

加えて、海外FXのなかでは珍しく、顧客から預かった資金は信託保全されるので、安心して利用できます。ただし、入金ボーナスのキャンペーンはほとんど行っていないので、資金が多い方向けの業者です。

まとめ:海外FXでもスワップポイントがもらえる

海外FXでは、国内FXとまったく同じ通貨ペアで取引ができるわけではありません。ただし、以下の点から海外FX業者でのスワップトレードをおすすめします。

  • もらえるスワップポイントの量が多い
  • レバレッジが高いので、多くのポジションを持てる

とはいえ、高金利通貨の値動きは主要な通貨よりも激しいので、ロット数を増やしすぎないようにしなくてはなりません。

そこで、スワップトレードの取引におすすめの海外FXがBigBoss!

レバレッジを適度に抑えられるだけでなく、スプレッドの狭さ、最大レバレッジ999倍など総合的におすすめできるFX業者です。ぜひ、口座開設してみてはどうでしょうか?

4月 30, 2021海外FX