海外FXのCFD取引を徹底比較! 国内FXとどっちが良いの?

海外FX業者ではFXだけでなくゴールドや株式指数の取引も可能です。FX以外の取引はCFD取引と呼ばれており、同じ口座で取引できます。

ただ、CFD取引をするなら国内FXでもできるため、海外FXで取引する理由がわからないかもしれません?

そこで、

  • CFD取引の概要
  • 海外FX業者と国内FX業者の比較
  • 海外FXでCFDを取引するメリット

などについて解説します。

この記事では、CFD取引にぴったりの海外FX業者も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

この記事を書いた人

茶虎
海外FX歴8年の現役トレーダー兼ライター

国内FXを1年ほど利用していたが、資金的に利用しにくいという理由で海外FXに転身。これまで口座開設した海外FX口座は10種類以上。トレード方針はスイングトレードとEAを使った自動売買。2018年より、ライターとして「FX」「節税」「クレジットカード」など投資・金融ジャンルを中心に200記事以上を執筆。海外投資にも関心があり、投資を行っている。

CFDはFX以外の取引が可能

CFD取引とは、取引を開始した時点から終了までに発生した差額分を決済する取引のことで、差金決済取引とも呼ばれています。

たとえば、ゴールドのCFDが2,000ドルの時に買いポジションを購入したと仮定しましょう。FXと同じように価格が上昇すれば利益を得られますし、の価格が下落すれば、損失が発生するのです。

CFDの種類はさまざまで、海外FX業者では以下のような商品を取引できます。

貴金属 ゴールドやシルバー
コモディティ 大豆や豆
株式指数 日経225やダウ平均株価
エネルギー 原油や天然ガス
株式 amazonやApple
仮想通貨 ビットコインやイーサリアム

また、CFDによっては、取引期限のない現物商品と取引期限がある先物商品があるので注意してください。

現物 先物
取引期限 なし あり
スワップ あり なし
スプレッド 狭い 広い
配当金 あり なし

取引期限がある商品では、期限を迎えた時点で自動的にポジションが決済されます。一方、現物取引はずっとポジションを保有できます。

ただ、マイナススワップの場合、毎日スワップポイントを支払う必要があるので注意してください。

現物取引と先物取引ではスプレッドも違うので、どちらで取引するかは事前に決めておきましょう。

海外FX業者と国内FXのCFDを徹底比較

海外FX業者のCFDと国内FXのCFDをスプレッドやレバレッジなどの条件で比較してみました。

FX業者 スプレッド レバレッジ 取り扱い銘柄数
XM
  • ゴールド33pips
  • 日経225 26pips
  • 原油(WTI)4pips
  • ゴールド・シルバー888倍
  • プラチナパラジウム22.2倍
  • エネルギー33,3倍〜66.7倍
  • 株価指数10〜200倍
  • コモディティ50倍
  • 貴金属4銘柄
  • 商品先物8銘柄
  • 株式指数(現物14銘柄・先物指数10銘柄)
  • エネルギー5銘柄
IFCMarkets
  • ゴールド45pips
  • 日経225 30pips
  • 原油(WTI)6pips
すべての銘柄が400倍
  • 貴金属現物8銘柄・先物2銘柄
  • 証券CFD423銘柄
  • 株式指数14銘柄
  • 商品CFD現物・先物15銘柄ずつ
  • 仮想通貨1銘柄
  • ETF4銘柄
  • エネルギー現物先物とも4銘柄
BigBoss
  • ゴールド100pips
  • 日経225 14pips
  • 原油(WTI)100pips
  • CFDはレバレッジ50倍
  • 仮想通貨は20倍
  • 貴金属2銘柄
  • 指数7銘柄
  • エネルギー2銘柄
  • 仮想通貨9種類
GMOクリック証券
  • ゴールド40pips
  • 日経225 7pips
  • 原油(WTI)3pips
  • 株式5倍
  • 株価指数10倍
  • バラエティCFD5倍
  • 商品CFD20倍
  • 貴金属2銘柄
  • 株価指数11銘柄
  • エネルギー2銘柄
  • コモディティ2銘柄
  • 株式80銘柄
  • ETF31銘柄
IG証券
  • ゴールド50pips
  • 日経225 7pips
  • 原油(WTI)2.8pips
  • 株式5倍
  • 株価指数10倍
  • 債権先物50倍
  • 商品CFD20倍
  • 株価指数31銘柄
  • エネルギー6銘柄
  • 貴金属11銘柄
  • コモディティ20銘柄
  • 株式12,000銘柄以上
  • 他に債権・ETF・株式など

まず、スプレッドを深夜1時に各FX業者の口座で確認をしたところ、おおむね国内FXが狭いという結果でした。

次に、CFD商品の最大レバレッジを比べると、海外FXの方がはるかに高い水準でした!

そして、取扱銘柄の数はFX業者次第といえます。IG証券やIFCMarketのように全部で数百種類以上の銘柄を取引できますが、BigBossのように銘柄を絞っているFX業者もありました。

このように、海外FX・国内FXのどちらも、メリットやデメリットがあります。ただ、現実的に考えた場合、海外FXの方がレバレッジが高いため国内FXよりも利益を増やしやすいといえるでしょう。

海外FX業者のCFD取引のメリット4つ

ここからは、海外FX業者でCFD取引を行うメリットを解説します。

  1. レバレッジが高い
  2. ゼロカットがあるので追証がない
  3. FXと同じ口座で取引できるので楽
  4. 個別株や仮想通貨も取引できる

詳しく解説しますね!

1.レバレッジが高い

海外FX業者でCFD取引をする際のレバレッジは国内FXよりも高く、100倍を超えるケースも。

レバレッジが高ければ、必要証拠金も少なく済むので多くのロットで取引できます。つまり、資金が少ない人も多い人も海外FXで取引した方が利益を出せる可能性が高くなります。

2.ゼロカットがあるので追証がない

海外FXと国内FXの最大の違いは追証の有無。国内FXでは口座の証拠金を超える損失が発生すると、足りないお金を追加で入金しなければなりません。そのため、最悪のケースでは借金を抱えることもあります。

一方で、海外FXでは口座の残高がマイナスになっても、ゼロカットシステムにより残高をゼロに戻してくれます。

借金の心配がないのであれば、安心して取引ができますね!

ゼロカットのメリットや国内FXが導入しない理由とは?

3.FXと同じ口座で取引できるので楽

海外FXのCFD取引はFXと同じ口座で取引ができます。気配値表示からCFDを選べばチャートや注文画面を出せます。しかし、国内FXの場合、FX口座からCFD口座への切り替えが必要です。

手間のかかる業者を選んだ場合、いちいち、株価指数CFD口座→貴金属CFD口座→株式口座と口座を切り替えなければなりません。

筆者は国内FX・海外FXの両方でCFD取引をしたことがありますが、口座の切り替えが面倒だった記憶があります。

4.個別株や仮想通貨も取引できる

海外FXで取引できるCFDの種類は豊富なので、稼げるチャンスが広がります。国内FXでもIG証券のように銘柄の数が多い業者はありますが、おおむね海外FXの方が銘柄の種類が豊富です。

また、最大の違いは、仮想通貨(暗号資産)CFDの取引。海外FXでは、多くの業者で仮想通貨CFDの取引ができます。

他方、国内のFX業者で暗号資産CFDが取引できるのは、2021年5月時点でマネックスビットコインとSBI FXトレードの2社のみ。仮想通貨は、値動きが激しくチャンスも多いので、海外FXの方が取引しやすそうですね!

海外FX業者でCFD取引をするデメリット3つ

海外FX業者でCFD取引をする際も、以下のようなデメリットがあります。

  1. 信託保全がない
  2. 国内FXよりもスプレッドが広い
  3. 利益にかかる税金が高い

後悔しないためにも事前に把握しておきましょう。

信託保全がない

FX業者の安全性を判断するためには、顧客から預かった資金の管理方法を知ることも重要です。国内のFX業者は、必ず信託保全での管理を求められます。

信託保全とは、顧客から預かった資金をFX業者とは関係ない金融機関に預ける仕組み。このような仕組みを導入することで、FX業者が破綻しても、信託保全先の金融機関からお金が戻ってきます。

一方、海外FXで信託保全を導入している業者はほとんどありません。多くの業者は、顧客の資金と運営資金を分けて管理しているものの、破綻した際にお金が戻ってこない可能性もあります。

そのため、口座に預けるお金は余剰資金のみにしておきましょう。

国内FXよりもスプレッドが広い

海外FX業者は国内FX業者よりもスプレッドが広いです。当然、FXの取引だけでなく、CFDの取引もスプレッドは広め。

したがって、スキャルピングやデイトレードをする場合は、スプレッド計算した上で利益を出さなければなりません。

また、海外FXでもスプレッドが広い業者と狭い業者があるので、自分の取引したいCFDのスプレッドは把握しておきましょう。

利益にかかる税金が高い

海外FXと国内FXでは課税方法が異なります。国内FXはいくら稼いでも20.315%の税金しかかかりません。しかし、海外FXでは、稼げば稼ぐほど税金がどんどん高くなり、所得税の最大税率は45%!

住民税の支払いも加われば、最大55%も税金でもっていかれる可能性があるので、節税対策はしましょう!

国内FXとの税金の違いや節税対策はこちら!

CFD取引におすすめの海外FX業者3選

ここからはCFD取引におすすめの海外FX業者を3社紹介します。

  • IFCMarkets
  • XM
  • BigBoss

銘柄数・レバレッジ・スプレッドなどをもとに選んだので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

1位:IFCMarkets

第1位はIFCMarkets!

出典:IFCMarkets

IFCMarketsを1位にした理由は以下の2つです。

  • どのCFDもレバレッジ400倍で取引ができる
  • 個別株が423種類も取引可能

IFCMarketsはどのCFDもFXと同じレバレッジ400倍で取引ができます。そのため、多くのロット数での取引ができ、稼ぎやすいFX業者です。また、個別株の銘柄数は423種類もあります。

AppleやGoogleなどアメリカの有名企業の株式も多数取引できるのは魅力的ですね!

2位:XM

第2位はXMです。

出典:XM Trading

XMを2位にした理由は以下の2つ

  • スプレッドが狭い
  • ゴールドとシルバーなら888倍で取引ができる

XMのCFD取引のスプレッドは、ほかの海外FX業者と比べても狭めです。さらに、ゴールドとシルバーなら888倍のレバレッジで取引ができます。

ただし、スプレッドが狭いZERO口座では、ゴールドとシルバー以外のCFDは取引できないので注意してください。

3位:BigBoss

3位はBigBoss!

BigBossを3位にした理由は以下の2つ。

  • すべてのCFDがレバレッジ50倍
  • 仮想通貨の種類が多い

BigBossは、すべてのCFD商品のレバレッジが50倍です。商品によっては、BigBossの方が高いレバレッジで取引できる可能性があります。また、仮想通貨の取引ができる数少ないFX業者で、9銘柄も取引が可能です。

他の海外FX業者よりも多くの仮想通貨が取引できるので、チャンスが広がるでしょう。

まとめ:海外FX業者の方がCFD取引で稼げる可能性がある

CFD取引は海外FX・国内FXのどちらでも取引できます。しかし、海外FXの方がレバレッジが高いので、少額の資金から稼げる可能性があります。

CFD取引ができる海外FX業者は3社ありますが、CFDだけを取引する方は少ないでしょう。そのため、FXでの取引も想定して業者を選ばなければなりません。

おすすめの海外FX業者はBigBoss!

CFD取引もでき、仮想通貨の取り扱い銘柄は9種類もあります。そして、FXの取引では最大レバレッジ999倍で取引が可能です。

入金ボーナスの時期を狙えば、資金が少なくても稼げるチャンスがあるので、ぜひ口座開設してみてはどうでしょうか?

海外FX