BigBoss(ビッグボス)はビットコインの取引もおすすめ!5つの魅力を解説!

8月 7, 2021

BigBossは、2013年からサービスを提供している海外FX業者です。ただ、FXだけではなくビットコインの取引も可能な点をご存じでしょうか?

ビットコインの取引をしたければ、国内の仮想通貨取引所でもできます。そのため、わざわざ海外FX業者で取引する必要もないのではと感じる方もいるでしょう。

しかし、BigBossなら国内の仮想通貨取引所や他の海外FX業者よりもよい条件で取引ができます。

そこでこの記事では、

  • BigBossでビットコインを取引するメリット
  • どの口座でビットコインの取引ができるのか?
  • ビットコインの入金方法のスペック

について詳しく解説します。

この記事を読めば、BigBossがすぐにビットコインの取引を始めたい方におすすめできる理由がわかります。早くビットコインとの取引を始めたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事を書いた人

海外FX「BigBoss大攻略」編集部

FXトレードの経験があるライターによる執筆記事のみを掲載。「海外FXをもっと簡単に」というミッションのもと発信活動を続けている。

ビットコインの取引を始めるなら!

BigBossでビットコインの取引を行う6つのメリットとは?

ビットコインの取引は、BigBoss以外の業者でも可能です。ただ、BigBossでビットコインの取引を行う際、6つのメリットがあります。

  1. 日本の仮想通貨取引所より口座開設が簡単
  2. ビットコインの取引コストが安い
  3. レバレッジ20倍で取引ができる
  4. ゼロカットシステムがあるので借金のリスクがない
  5. さまざまな商品を一つの口座で取引できる
  6. 土日もビットコインの取引ができる

順番に詳しく解説しますね!

1.日本の仮想通貨取引所より口座開設が簡単

一般的にビットコインの取引を始めるには、日本の仮想通貨取引所の口座を開設しなければなりません。しかし、日本の仮想通貨取引所に口座開設をする場合、多くの時間がかかるためスムーズに取引を始められないケースもあります。その理由は3つ。

  1. 書類の提出方法が複雑でわかりにくい
  2. 提出した書類が承認されるまでに時間がかかる
  3. 二段階認証が必要

仮想通貨の取引所ではハッキング被害もあるため、書類の提出はもちろん二段階認証も必要です。そのため、口座開設が認められるまでに時間がかかる傾向があります。以下の表は、BigBossと日本の仮想通貨の取引所で口座開設をした後に取引を開始できるまでの目安です。

業者 取引開始までにかかる時間
BigBoss 10分前後
DMMビットコイン 1時間
Coincheck 数日程度
bitFlyer 20分前後

日本の仮想通貨取引所でも早ければ1時間以内に取引を開始できます。ただ、ビットコインを始めとした仮想通貨の取引は、ここ数年人気が高いので承認までに時間がかかるかもしれません。

一方、BigBossの場合「クイック口座開設」ができるので、最短3分で口座開設が完了します。そして、以下の方法で入金をすれば、早くて数分で口座へ反映されます。

  • クレジットカード・デビットカード
  • bitwallet
  • BXONE
  • ビットコイン
  • アルトコイン

したがって、口座開設を始めてから10分前後もあれば取引をスタートできるでしょう。クイック口座開設をした場合、本人確認書類や住所証明書などの提出は、出金申請までに済ませておけば問題ありません。

このように、BigBossならビットコインの取引をすぐに始められます。

2.ビットコインの取引コストが低い

ビットコインの取引を行う際には、スプレッドと呼ばれる手数料を支払わなければなりません。ビットコインはFXよりもスプレッドが広がりやすい傾向があるため、できるだけ狭い業者を選ばないと利益が残らなくなります。

しかし、BigBossのスプレッドは、日本の仮想通貨取引所や海外FX業者と比較しても狭い傾向があります。

BTC/USD BTC/JPY
BigBoss 1,300pips 200円
CryptoGT 2,400pips 3,519円
Titan FX 3,200pips 3,500円
DMM
ビットコイン
取扱なし 5,782円
GMOコイン 取扱なし 2,109円

例えば、BTC/JPYを比較すると、日本の仮想通貨取引所よりも遥かに狭いスプレッドでの取引が可能。他の海外FX業者と比較してもスプレッドが狭いので、

取引コストの狭さで業者を選ぶならBigBossがおすすめです。

3.レバレッジ20倍で取引ができる

日本の仮想通貨取引所では、最大でもレバレッジ2倍でしか取引できません。他方、BigBossのスタンダード口座ならレバレッジ20倍でビットコインの取引が可能です。

業者 最大レバレッジ 必要証拠金※
BigBoss 20倍 25万円
Titan FX 20倍 25万円
iFOREX 10倍 50万円
国内取引所 2倍 250万円

※1BTC500万円で1BTCの取引をする場合

例えば、価格がBTC/JPYの価格が500万円の時に1BTCの取引をする際に、どのくらいの資金が必要なのか計算してみましょう。

日本の仮想通貨取引所を利用する場合、1BTCの取引をするために250万円も用意しなければなりません。一方で、BigBossなら25万円で1BTC分のポジションを保有できます。

したがって、高いレバレッジを活かして10BTC以上のポジションで取引をすれば、利益も増えやすくなるでしょう。

以下の表を見ればわかる通り、1BTCと10BTCでは、BTC/JPYは100万円上昇した場合の利益も10倍違います。

レバレッジ2倍 レバレッジ20倍
250万円の
保有可能量
1BTC 10BTC
100万円上昇
時の利益
100万円 1,000万円

そのため、ビットコインで大儲けを狙うのであれば、できるだけレバレッジが高い業者で取引するのをおすすめします。

ただし、レバレッジが高ければ、逆に負けた時の損失も多くなる点には注意してくださいね!

4.ゼロカットシステムがあるので借金のリスクがない

BigBossはゼロカットシステムを採用しているので、大損しても借金をするリスクはありません。ゼロカットシステムとは、証拠金を超える損失が出た場合でも、損失分を業者が負担してくれる制度です。

一方、日本の仮想通貨取引所では2021年以降、金融商品取引法にもとづき、追証制度を導入する業者が一気に増加しました。

出典:GMOコイン

そのため、それまで追証がなかったGMOコインやDMMビットコインといった業者も証拠金取引や暗号資産FXにおいて追証が導入されたのです。

追証がある業者では、借金を抱えるリスクがあるので注意しなければなりません。

「借金のリスクを気にせずトレードをしたい!」と考えるのあれば、追証がない業者や取引所を選ぶほかないでしょう。

BigBossなら、仮想通貨の取引についてもゼロカットシステムが採用されるので、ある程度リスクを取ってトレードできます。

ただし、現物取引をした場合、追証が適用されるケースもあるので注意してください。

ゼロカットの仕組みやメリットはこちらで解説!

5.さまざまな商品を一つの口座で取引できる

BigBossでは、一つの口座で以下の金融商品をすべて取引できます。

  • FX
  • 株式指数
  • 原油
  • 仮想通貨

この点は、仮想通貨の取引しかできない仮想通貨取引所とは異なる点です。

一つの口座で多くの金融商品を取引できるメリットは、資金管理が楽になること。BigBossのスタンダード口座を使えば、ビットコイン以外の商品を取引したい場合でも、わざわざ別口座へ移動することなくスムーズに取引ができます。

また、確定申告をする際に損益通算をする必要がないので、申告作業も楽になるでしょう。

したがって、ビットコイン以外の商品に興味がある方にも自信を持っておすすめできる業者です。

6.土日もビットコインの取引ができる

BigBossは、土日を含めた24時間365日ビットコインの取引ができるFX業者です。仮想通貨は、24時間365日値動きが発生するので、土日に相場環境が急変してもすぐに対応できます。

そのため、チャンスを逃さないだけでなく、大損するリスクも減ります。

業者 土日の取引
BigBoss 可能
CryptoGT 可能
Traders Trust 不可能
Titan FX 不可能
FXDD 不可能

一方で、土日の取引に対応していないFX業者を利用した場合、注意が必要です。なぜなら、土日に仮想通貨の値動きが大きく変動すると、月曜日の朝までエントリーや決済ができないため、思わぬ損失を被るリスクがあるからです。

ビットコインの取引をするなら、土日も対応しているBigBossを大損するリスクが低くなります。

BigBoss以外に仮想通貨の取引ができる海外FX業者はこちら!

ビットコインの取引をするならスタンダード口座がオススメ

BigBossでビットコイン取引を行うことができる口座は、スタンダード口座とFOCREX(フォクレックス)口座の2種類があります。このうち、資金効率もよく高いレバレッジで取引ができるのはスタンダード口座です。

なぜなら、スタンダード口座なら20倍のレバレッジで取引ができるだけでなく、不定期に開催される入金ボーナスも適用されるからです。

スタンダード
口座
FOCREX
口座
取扱通貨
  • BTC/USD
  • BTC/JPY
  • BCH/USD
  • EOS/USD
  • ETH/JPY
  • ETH/USD
  • LTC/USD
  • XRP/USD
  • NEO/USD
  • BTC
  • EXC
  • ETH
  • XRP
  • NEO
レバレッジ 20倍 1倍
(現物取引)
入金ボーナス 適用される 適用外
MT4 利用可能 利用不可

また、普段FXの取引をよくしているトレーダーであれば、使い慣れたMT4で抵抗感なく取引ができるでしょう。

FOCREX口座よりも扱っている仮想通貨の種類も多いので、アルトコインの取引にも興味がある方にもおすすめの口座です。

手数料が無料!ビットコインで入金する方法とは?

BigBossへの入金方法は、以下の7種類があります。

  • クレジットカード
  • 国内銀行入金
  • 海外銀行入金
  • bitwallet
  • BXONE
  • ビットコイン
  • アルトコイン

中でもビットコインでの入金は、手数料無料に加えて入金額を1円から自由に設定できるので、使いやすいでしょう。

ビットコイン BXONE
最低入金額 1円〜
  • 5,000円
  • 5万円
  • 10万
  • 20万
  • 30万
  • 50万
口座への
反映時間
0〜2営業日 0〜1営業日

なお、入金先アドレスの作成に3分〜5分ほどかかります。

また、事前にアカウントを作成する必要がありますが、BXONEでもビットコインで入金できます。しかし、入金額を自由に設定できず、6つのパターンから選択するしかありません。

そのため、資金の少ない方には、やや使いにくい方法です。

BigBossの各入金手順を画像つきで解説!

ビットコインの取引で増えた資金を出金する方法は?

BigBossでビットコインを取引した際の利益は、FXと同様に以下の4つの方法で出金できます。

  • 銀行振込
  • bitwallet
  • BXONE
  • FOCREX(FOCREX口座のみ)

ただし、BigBossのスタンダード口座は、日本円もしくは米ドル建ての口座しかありません。そのため、ビットコインの取引をした場合でも発生する利益は日本円や米ドルです。

当然、日本円や米ドルで出金しなければなりません。

どうしてもビットコインとして利益を出金したい場合は、仮想通貨への両替に対応しているBXONEを利用しましょう。BXONEでの取引についても手数料はかからないので、おすすめの方法です。

まとめ:ビットコインの取引を行うならBigBossがおすすめ!

BigBossでビットコインの取引を行うメリットは以下の6つ。

  1. 日本の仮想通貨取引所より口座開設が簡単
  2. ビットコインの取引コストが安い
  3. レバレッジ20倍で取引ができる
  4. ゼロカットシステムがあるので借金のリスクがない
  5. さまざまな商品を一つの口座で取引できる
  6. 土日もビットコインの取引ができる

BigBossなら日本の仮想通貨取引所で取引するよりもレバレッジが高く、スプレッドも狭い傾向があるので、より利益を出せる可能性が高くなります。

また、追証もないので、値動きが激しくリスクが高いビットコインであっても、取引をしやすいでしょう。

そして、ビットコインの取引ができる他の海外FX業者と比べても、十分な取引環境です。

これから、BigBossでビットコインを取引したいのであれば、100%入金ボーナスの時期が狙い目。入金ボーナスの時期を狙えば、資金が少ない方でも、より多くの利益を出せる可能性が高くなるからです。

丁寧な日本語サポートにも定評があり、日本人トレーダーからの評価が高い業者なので信頼性も抜群です。土日もトレードのチャンスがあるので、早めに口座開設しましょう!

ビットコインもレバレッジ20倍で取引できる業者なら!

8月 7, 2021仮想通貨