【最大999倍】Bigboss(ビッグボス)の最大レバレッジを解説! レバレッジ制限を避ける方法とは?

8月 12, 2021

BigBossの最大レバレッジは999倍と、他の海外FX業者と比較しても高水準です。ただ、BigBossよりも高いレバレッジで取引できる業者もいくつか存在します。

そのため、BigBossよりもレバレッジが高い業者で取引した方が利益を出しやすいのでは? と考える方もいるでしょう。

しかし、どんなに高いレバレッジを提供していても、ずっと同じレバレッジで取引できる業者はほとんどありません。むしろ、証拠金が増えてくると、BigBossの方が高いレバレッジで取引できるケースもあります。

そこでこの記事では、

  • BigBossの商品ごとの最大レバレッジ
  • BigBossのレバレッジ制限
  • レバレッジ制限を避ける方法

など、BigBossのレバレッジについて他の海外FX業者との比較を交えて解説します。

この記事を読めば、なぜBigBossで取引をした方が高いレバレッジで取引できる傾向があるのかわかるでしょう。証拠金が増えても高いレバレッジで取引したい方は、ぜひ参考にしてみてください!

この記事を書いた人

海外FX「BigBoss大攻略」編集部

FXトレードの経験があるライターによる執筆記事のみを掲載。「海外FXをもっと簡単に」というミッションのもと発信活動を続けている。

レバレッジの高い業者なら!

BigBossの最大レバレッジは999倍!

BigBossの最大レバレッジは999倍です。国内FX業者の最大レバレッジ25倍と比較すると、とても高いレバレッジでトレードができます。

BigBoss 最大999倍
Axiory 最大400倍
XM 最大888倍
FBS 最大3,000倍
国内FX 最大25倍

他の海外FX業者と比較しても、概ね高いレバレッジでトレードができる点も魅力的です。ただ、さすがにFBSのレバレッジ3,000倍には敵いません。

レバレッジ1,000倍の業者を利用するメリットや注意点はこちら!

一部のマイナー通貨とCFDの最大レバレッジは50倍

BigBossではFXの通貨ペアは最大レバレッジ999倍でトレードできますが、以下の3つの通貨ペアのみレバレッジが50倍に制限されます。

  • USD/RUB
  • USD/TRY
  • USD/ZAR

トルコリラやランド円などは、主要通貨と比べると情勢が不安定です。値動きも激しい傾向があるため、レバレッジが50倍に制限されます。

加えて、貴金属や株式先物指数などのCFD商品もレバレッジは50倍(固定)です。レバレッジが制限される分、必要証拠金も多くなるので注意しましょう。

CFDの種類 主な商品
エネルギー
  • ブレント原油
  • WTI原油
貴金属
  • ゴールド
  • シルバー
株式先物指数
  • N225(日経225)
  • WS30(ダウ)
  • NDX
  • HSI
  • STOXX50E
  • UK100
  • SPX

仮想通貨の最大レバレッジは20倍

BigBossでは、仮想通貨のCFDも扱っており、20倍のレバレッジで取引できます。国内の仮想通貨取引所の最大レバレッジは2021年以降2倍に制限されたため、BigBossの方が取引しやすいといえます。

レバレッジ20倍で取引できる通貨ペアは以下の9種類。

  • BTC/USD
  • ETH/USD
  • XRP/USD
  • BCH/USD
  • EOS/USD
  • LTC/USD
  • NEO/USD
  • BTC/JPY
  • ETH/JPY

ビットコインやイーサリアムなど流通量が多い仮想通貨だけでなく、ネオやイオスなどもレバレッジ20倍で取引できます。

なお、仮想通貨が取引できる他の海外FX業者のレバレッジと比較したのが以下の表です。

FXよりも仮想通貨の取引に力を入れているFXGTやCryptoGTと比較するとレバレッジは低めですが、その他の人気業者と比較するとBigBossのレバレッジが高いですね!

業者 最大レバレッジ
BigBoss 20倍
FXGT 1,000倍
iFOREX 10倍
CryptoGT 500倍※
Traders Trust 5倍
FXDD 4倍
Tradeview 5倍
Titan FX 20倍

FXを中心に取引しているのであれば、BigBossの20倍は十分といえるでしょう。

FOCREX口座は1倍でしか取引できない

BigBossには、仮想通貨しか取引できないFOCREX口座があります。FOCREX口座では、レバレッジ1倍での取引しかできません。そのため、ビットコインの価格が100万円の場合は、100万円の資金を用意する必要があります。

レバレッジを効かせられないものの、大損するリスクも抑えられるので、仮想通貨を長期保有したい方にはおすすめの口座です。

BigBossのレバレッジは口座残高による制限があるので注意する

BigBossは、他の海外FX業者と同じく口座残高でレバレッジが変動します。口座残高によるレバレッジ制限のタイミングは以下の表の通りです。

口座残高※ レバレッジ
200万円未満
(2万ドル未満)
999倍
500万円未満
(5万ドル未満)
555倍
500万円以上
(5万ドル以上)
200倍
1,000万円以上
(10万ドル以上)
100倍

※かっこ内はUSD建て口座の場合

レバレッジ999倍で取引できるのは、口座残高が200万円未満の場合です。残高が200万円を超えるとレバレッジは555倍に制限されます。その後も口座残高が一定の水準まで増えるごとにレバレッジは制限され、最も低い水準は100倍です。

レバレッジ制限の詳しいルール

レバレッジ制限には、いくつか詳しいルールもあります。

  • 口座残高にはクレジットボーナスは含まない
  • レバレッジ制限は口座単位ごとの判定

まず、レバレッジが制限される口座残高にはクレジットボーナスは含みません。

例えば現金が195万円、クレジットボーナスが10万円の場合、証拠金は200万円を超えているので、レバレッジが制限されるのでは? と考えがちです。しかし、現金のみで見ると200万円以上ではないので、引き続きレバレッジ999倍で取引できます。

加えて、複数の口座がある場合は、それぞれの口座ごとにレバレッジが設定されます。

したがって、残高が200万円未満の口座は999倍ですが、残高が200万円〜550万円未満の口座は、レバレッジ200倍に制限されます。

仮に、3つの口座の残高合計が500万円あるとします。しかし、いずれの口座残高も200万円未満の場合、すべてレバレッジ999倍で取引できるのです。

レバレッジ制限の概要や海外FX10社の制限の比較はこちら!

レバレッジ制限を避ける2つの方法

レバレッジが制限されると、高いレバレッジで取引ができなくなります。保有できる取引量も減ってしまうので、稼ぎにくくなるでしょう。

レバレッジ制限を避けるためには、以下のいずれかの方法を利用しましょう。

  1. 他の口座へ資金移動をする
  2. 出金する

詳しく解説しますね!

1.他の口座へ資金移動をする

BigBossでは複数の口座を保有できます。そのため、ある口座の残高が200万円に到達しそうになったら、別の口座へ資金移動するのをおすすめします。

そうすることで、レバレッジの制限を避けられます。

2.出金する

口座残高の大半がトレードによる利益の場合、出金も検討しましょう。レバレッジが制限される前に出金をしておけば、ずっと999倍のレバレッジで取引できるからです。

トレード技術が高い場合は、レバレッジが高い環境でトレードした方が、早く利益が増えていくでしょう。

ただし、資金移動や出金をする場合、注意点があります。BigBossでは、1円でも他の口座へ資金移動をしたり出金をしたりすると、すべてのボーナスが消滅します。

稼いだお金はいつか出金しなければなりませんが、入金ボーナスだけでなく取引ボーナスも消滅するのは痛いですね!

口座残高ごとの最大レバレッジを他の海外FX業者と比較!

海外FX業者の中には、BigBossよりも高いレバレッジで取引できる業者もあるでしょう。ただ、口座残高が増えると、BigBossの方が高いレバレッジで取引できるケースもあります。

そこで、口座残高が200万円未満、200〜500万円未満、1,000万円以上の3つのケースで他の業者と比較してみました!

口座残高が200万円未満の場合、他の業者の方がレバレッジが高い

以下は、口座残高が200万円未満の場合のレバレッジを比較した表です。

口座残高 200万円未満
BigBoss 999倍
XM 888倍
GEMFOREX 1,000倍
FBS※ 500倍

※50万円以上200万円未満

概ね他の業者と比べてもほぼ同じぐらいのレバレッジでトレードができます。ただ、GEMFOREXよりはわずかにレバレッジが低いですね。

口座残高が200〜500万円未満のレバレッジ比較

次に口座残高が200〜500万円未満になった場合は、どうなるでしょうか?

口座残高 200〜500万円未満
BigBoss 555倍
XM 200倍
GEMFOREX 500倍
FBS
  • 300万円までは500倍
  • 300万円以上は200倍

 

多くの業者は口座残高が200万円以上になると、レバレッジが制限される傾向があります。BigBossもレバレッジが999倍から555倍まで制限されるものの、他の業者よりも制限は緩いといえます。

そのため、BigBossで取引をした方が、高いレバレッジで取引ができるでしょう。

口座残高が1,000万円を超えた場合のレバレッジ比較

最後に口座残高が1,000万円を超えた場合は、BigBossよりも他の海外FX業者の方が高いレバレッジで取引できます。

口座残高 1,000万円を超えた場合
BigBoss 100倍
XM 100倍
GEMFOREX 500倍
FBS 200倍

そのため、口座残高が増えてきたら、一部の資金を別の口座に移動するのをおすすめします。そうすれば、少なくとも100倍までレバレッジは制限されません。

スプレッドの狭いプロスプレッド口座でも最大レバレッジが固定!

多くの海外FX業者では、スプレッドが狭いECN方式の口座のレバレッジを低く設定しています。例えば、以下の表は各FX業者の最大レバレッジです。

  STP方式口座 ECN方式口座
BigBoss 999倍 999倍
XM 888倍 500倍
Tradeview 500倍 200倍
HotForex 1,000倍 500倍

XM、Tradeview、HotForexなどの業者は、いずれもECN方式の口座のレバレッジを制限しています。一方で、BigBossはSTP方式のスタンダード口座・ECN方式のプロスプレッド口座ともに最大999倍のレバレッジで取引可能です。

スプレッドの狭い口座を使う場合でも、高いレバレッジで取引ができるので、利益を増やしやすいといえます。

スキャルピングやデイトレードをするために、スプレッドの狭い業者で取引をしたい場合は、BigBossを利用した方が高いレバレッジで取引できます。

米国大統領選挙など重大イベントの際は、レバレッジが制限されることがある

BigBossでは、米国大統領選挙など市場に大きな影響を与えるイベントがある際は、一時的にレバレッジが制限されます。 たとえば、2020年の米国大統領選挙前に、 BigBossから以下の様なメールが届いています。

当時、BigBossは最大レバレッジ555倍で取引ができていました。しかし、大統領選挙の期間中は、レバレッジが100倍まで制限されたのです。また大統領選挙の開票日翌日には以下のようなメールが届き、すぐにレバレッジ制限が解除されました。

他にも、海外の国で国民投票がある場合や、為替の価格が急激に変動した影響で、レバレッジが制限された事例があります。頻繁に起こるわけではないですが、レバレッジが制限されると、すでに保有していたポジションも含めて、必要証拠金が高くなります。

証拠金に見合わないロット数で取引していた場合、必要証拠金が高くなった影響で強制ロスカットにかかるケースもあるので注意してください。

特に、数年に1度しかないような市場に影響を与えるイベントがある時は、レバレッジが制限されるので事前に把握しておきましょう。

まとめ:BigBossは口座残高に注意すれば、十分に高いレバレッジで取引可能!

BigBossの最大レバレッジは999倍です。しかし、口座残高が200万円以上になると、レバレッジは555倍に制限されます。

とはいえ、BigBossのレバレッジ制限の判定は、あくまでも1口座ごとの口座残高で判断されます。そのため、口座残高が200万円を超える前に資金移動や出金をすれば、ずっと999倍でトレード可能です。

また、口座残高が200万円を超えた場合、ほとんどのFX業者ではレバレッジが200〜300倍前後まで制限されます。口座残高が500万円以上になるまでは、他の業者よりも高いレバレッジで取引できるでしょう。

BigBossは、取引ボーナスがもらえたり日本語サポートが丁寧だったりと、取引するメリットが多い業者です。

口座残高が多いけど、レバレッジがあまり制限されない業者を探しているのであれば、迷わずBigBossをおすすめします!

すぐに口座開設をしてください!

レバレッジ制限が緩めのFX業者なら!

8月 12, 2021レバレッジ