BigBossの「MASS Program」ならIBよりも稼ぎやすい!? 仕組みやメリットを解説!

6月 15, 2021

BigBossでは、2021年より新たにパートナーグレード制度が導入されることになりました。これまでも、取引したいトレーダーをBigBossに紹介すれば、一定のリベート報酬を受取ることが可能でした。

ただ、パートナーグレード制度導入の一環として、新たにBigBoss MASS Programが誕生したのです。BigBoss MASS Programとは、いわゆるコピートレードで稼ぐ方法。

とはいえ、具体的にBigBoss MASS Programがどんな仕組みなのか、よくわからない方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、

  • BigBoss MASS Programの概要
  • BigBoss MASS Programの仕組み
  • このプログラムに参加するメリット

などについて解説します。

この記事を読めば、BigBossのMASS制度を使って、新たな稼ぎ方ができるようになります。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

この記事を書いた人

茶虎
海外FX歴8年の現役トレーダー兼ライター

国内FXを1年ほど利用していたが、資金的に利用しにくいという理由で海外FXに転身。これまで口座開設した海外FX口座は10種類以上。トレード方針はスイングトレードとEAを使った自動売買。2018年より、ライターとして「FX」「節税」「クレジットカード」など投資・金融ジャンルを中心に200記事以上を執筆。海外投資にも関心があり、投資を行っている。

MASSとはシグナル配信をして報酬を稼ぐ方法

BigBossが新たに提供するMASSとは、Multi Account Sharing Systemの略称で、トレーダーへシグナル配信をして報酬を稼ぐ方法です。

トレードに自信があるシグナル配信者は、一般ユーザーへ自分が行ったトレードと同様のシグナルを配信します。

そして、一般ユーザーがシグナルでトレードをしたロット数に応じて、あなたへリベート報酬が支払われる仕組みです。

一般ユーザーにとっても、自分よりも稼いでいるトレーダーと同じトレードができるので、魅力的なプログラムです。

MASSは2つの口座から成り立っています。

シグナル配信者 マスター口座である「MASS Trade Provider口座」
シグナル受信者 クライアント口座である「MASS Trade Follower口座」

一般口座と同様で、MASSでも以下の2つの権限があります。

  • IB権限
  • AFF権限

IB権限は、Introducing Brokerの略称で、BigBossに顧客を紹介すれば報酬を得られます。

一方で、AFF権限はAffiliateの略称で、IB権限を持っている方から委託を受け、MASSへの集客を行うユーザーを指します。AFFはトレーダーをBigBossに紹介することで、IBから報酬が支払われます。

もちろん、IBが自分でBigBossへ集客した方が報酬を得られると考えれば、AFFに委託する必要はありません。

MASSの仕組み

MASSの仕組みは、まずIB権限を持っている方やAFF権限を持っている方が、一般ユーザーへ「MASS Trade Follower口座」への開設を促します。

口座開設したユーザーがやらなければならないことは以下の2つ。

  • 口座へ資金を入金
  • MASS Trade Follower口座をアクティベート(稼働)する

そして、IBは「MASS Trade Provider口座」でトレードを行います。すると、ほぼ同時にIBが行ったトレードが一般ユーザーの口座にも自動反映されます。

そして、一般ユーザーの取引が発生するたびに報酬が支払われるという仕組みです。

リベート報酬発生の仕組み

MASSでは、IBに対して以下の報酬が支払われます。また、AFFへの報酬はIBの報酬から分配されます。

パートナーグレード 1ロットあたりの報酬 1ロットあたりの報酬額の目安
ゴールドパートナー 0.6pips 約660円
プラチナパートナー 0.7pips 約770円
ダイヤモンドパートナー 0.8pips 約880円

リベート報酬は1ロットあたりの取引で0.6pips〜1.0pips。そのため、ダイヤモンド以上のグレードも存在するようです。

つまり、MASSで一般ユーザーがトレードを行えば、1ロットあたり最大約1,100円の報酬が得られます。

「MASS Trade Follower口座」で発生したリベート報酬は、IB口座に反映された後、自動的に報酬出金用口座に反映されます。

なお、報酬の反映は1日1回行われますが、リアルタイムに反映されるわけではないので注意してください。

そして、AFFがいる場合、事前に決めたリベート報酬の割合に応じて自動的に配分されます。ただし、配分の割合は後から変更ができないので、AFFとよく話し合って決めてください。

例えば、AFFと事前に決めた割合が60%:40%の場合の報酬を考えてみましょう。仮にリベート報酬が1.0pipsであれば、IBには0.6pips、AFFには0.4pipsの報酬が支払われます。

当然、IBは、自分の報酬割合を高くした方が稼げます。ただ、あまりにも自分側の条件を良くすれば、協力してくれるAFFがいなくなるので注意してください。

MASSでリベート報酬を得る2つのメリット

単にアフィリエイトで稼ぎたいのであれば、これまでのようにBigBossへトレーダーを紹介するやり方でも稼げます。

では、IBがMASSを利用して報酬を得るメリットは何なのでしょうか?

  1. 紹介者の数が増えれば、自分がトレードするだけで報酬が安定しやすい
  2. EAを使った自動売買をすれば、ほぼ何もしなくても報酬が入る

順番に解説しますね!

1.紹介者の数が増えれば、自分がトレードするだけで報酬が安定しやすい

まず、通常のIB報酬とMASSでは、MASSの方が報酬は安定しやすくなります。その理由は、トレーダーが初心者でも報酬が安定するから。

稼ぎ方 報酬が支払われる仕組み
IB報酬 トレーダーが自分でトレードをしたロット数に応じて報酬が支払われる
MASS トレードをするのはIBで、トレーダーはIBのトレードをコピーしたときのロット数に応じて報酬が支払われる

IB報酬は、トレーダー自身がトレードをしなければなりません。そのため、IBが稼げるかどうかは、トレーダーのトレード技術に依存します。もし、初心者トレーダーの割合が高ければ、資金を失って退場する方がほとんどです。

しかし、MASSであれば、どんな一般ユーザーもIBとほぼ同じタイミングでエントリーや決済をします。そのため、IBの成績が優秀であれば、一般ユーザーの成績も同じ結果になります。

一般ユーザーは勝っている限り、相場の世界から退場しません。むしろ「こんなに勝てるならもっと資金を追加しよう!」と考えるので、さらにリベート報酬が高くなります。

2.EAを使った自動売買をすれば、ほぼ何もしなくても報酬が入る

BigBossのMASSでは、EAを使った自動売買も可能です。そのため、一般ユーザーに自分の使っているEAを紹介すれば、自分はほぼ何もしなくても報酬が入ります。

EAの成績さえよければ一般ユーザーも儲かるので、離脱されるリスクも低くなるでしょう。

取引条件

MASSの具体的な取引条件について以下の表にまとめました。

費用
  • 初期設定費用2,000ドル(約20万円)
  • 月額費用300ドル(約3万円)
  • 複数のMASSを登録する場合は、追加費用として2,000ドル
紹介できる一般ユーザー
  • 新規口座開設者
  • 既存のユーザー
口座の通貨 JPYのみ
口座のレバレッジ
  • MASS Trade Provider口座は999倍(固定)
  • MASS Trade Follower口座は999倍(変動)
一般ユーザーのロット数の調整 一般ユーザーが自由に設定
1ポジションあたりの最大ロット 50ロット
保有可能な最大ロット 500ロット
最大ポジション数 制限なし
スプレッドの狭さ スタンダード口座と同水準
EAを使った自動売買
  • 単利のみ可能
  • 複利の設定はできない
タイムラグ 0秒〜2秒
一般ユーザーのロック 可能

IBが運用する「MASS Trade Provider口座」は、バーチャルマネー(仮想資金)で運用されるので資金の入金は必要ありません。ただ、初期費用と月額費用がかかるので注意してください。

また、一般ユーザーは、口座に反映されるロット数の調整を自分でやらなければなりません。ロットの割合を間違えると大損するリスクがあるので、必ず適切なロット数を指導しておいた方が良いです。

資金量によりますが、概ね1回のトレード損失が証拠金の1%〜10%未満になるように指導してあげてください。

そして、一般ユーザーが独自の判断で、新規注文をしたり決済したりもできます。

なお、トレードのコピーの反映自体は、0秒〜2秒のタイムラグが発生しますが、約定する価格はIB側と同じになります。なので、反映の遅延があってもIBと違う金額で約定する心配はありません。

MASSへの申込み手順

MASSを利用したい場合は、以下の手順にMASSへの申込み手順を解説します。

  1. パートナー登録をする
  2. 営業担当に連絡
  3. 申請書に記入して送付
  4. 設定完了の連絡が届く
  5. 運用開始

順番に解説しますね!

1.パートナー登録をする

まず、前提条件として、MASSを申し込めるのはダイヤモンドパートナー以上の方のみです。そのため、以下の手順を踏む必要があります。

  1. パートナー登録をする
  2. 集客をしたり、取引をしたりしてポイントを獲得(集計期間は30日間)
  3. ダイヤモンドパートナーまでランクアップ

取引をした場合でもポイントは貯まるので、まだ、誰もBigBossへ紹介したことがない方でもチャンスは十分あります。

2.営業担当に連絡

次に、営業担当にMASSの利用を希望する旨を連絡してください。

3.申請書に記入して送付

営業担当から渡された申請書類に必要事項を記入して、営業担当へ送りましょう。

内容に問題がなければ、BigBossがMASS商品を利用できるように、設定を行います。なお、設定には1週間ほどかかります。

4.設定完了の連絡が届く

MASS商品の設定が完了したら、以下の情報がメールで届くはずです。

  • MASS Trade Provider口座のログイン情報
  • 専用口座開設リンク

専用口座開設リンクは、一般ユーザーがMASS Trade Followerを開設するために必要なものです。したがって、一般ユーザーを紹介する際は、専用口座開設リンクから登録をしてもらわなければなりません。

5.運用開始

一般ユーザーは、専用口座開設リンクからMASS Trade Follower口座を開設したら、入金とアクティベート(稼働)を行います。

口座の開設をしても、入金作業やアクティベートをしないユーザーは一定数存在するので注意してください。

筆者の知り合いも、類似の配信サービスをしていますが、何も指示されなければ口座への入金や設定をしない方が数十人以上いたそうです。

まとめ:トレードに自信があるならBigBossのMASS Programの方が稼ぎやすい

BigBossのMASS Programは、トレードに自信があるならこれまでのIBよりもはるかに稼ぎやすいでしょう。なぜなら、トレード経験があまりない一般ユーザーでも、あなたと同じ手法でトレードできるからです。

まだ、BigBossを利用したことがない方もこの機会に利用してみてはどうでしょうか?

BigBossは最大レバレッジ999倍でトレードでき、日本語対応もしっかりしているFX業者です。不定期に開催される100%入金ボーナスの時期に集客できるように、今から口座開設しておくのをおすすめします!

6月 15, 2021BigBossの基礎知識