BigBossとGemForexはどちらがおすすめ? スプレッドやボーナスなどを比較!

4月 30, 2021

日本人トレーダーに人気が高い海外FX業者といえば、BigBossやGemForexがあります。ただ、どちらのFX業者の方がトレードしやすいのかわからない方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、BigBossとGemForexについて

  • 安全性
  • スプレッド
  • ボーナス

など、さまざまな面から比較します。BigBossかGemForexで迷っているあなたも、この記事を読めば迷うことがなくなるでしょう。ぜひ参考にしてみてください!

この記事を書いた人

茶虎
海外FX歴8年の現役トレーダー兼ライター

国内FXを1年ほど利用していたが、資金的に利用しにくいという理由で海外FXに転身。これまで口座開設した海外FX口座は10種類以上。トレード方針はスイングトレードとEAを使った自動売買。2018年より、ライターとして「FX」「節税」「クレジットカード」など投資・金融ジャンルを中心に200記事以上を執筆。海外投資にも関心があり、投資を行っている。

BigBoss・GemForexはどんな人におすすめの業者?

まず、BigBossとGemForexはどんな人におすすめのFX業者なのかずばり答えます!

BigBossの利用をおすすめできる人

BigBossをおすすめできるのは以下に該当する人です。

  • トレード資金が200万円〜500万円未満
  • 資金が少なくても狭いスプレッドの口座を使いたい
  • スキャルピングで取引したい
  • 入出金方法が便利な業者を選びたい

BigBossはスプレッドの狭いFX業者を探している人におすすめです。BigBossは最低入金額を設定していません。

▶︎BigBossの入金手順はこちら!

したがって、資金量が少なくGemForexの口座を作れない方には、BigBossでのトレードがおすすめです。

また、トレードの資金が200万円〜500万円未満であれば、GemForexよりも高いレバレッジで取引ができるので、資金効率も良くなるでしょう。

▶︎BigBossの最大レバレッジについてはこちら!

GemForexの利用をおすすめできる人

次にGemForexをおすすめできるのは以下の方です。

  • 資金なしでトレードしたい
  • 最大レバレッジが高い業者で取引したい
  • 自動売買ソフトやミラートレードに興味がある
  • スプレッドの狭い業者で取引したい

GemForexでは、入金不要の未入金ボーナスが2万円もらえます。加えて、最大レバレッジが1,000倍なので、資金がない方や少ない方におすすめの業者です。

また、GemForexではスプレッドの狭い口座を使用しても手数料がかかりません。そのため、デイトレードでは力を発揮できるFX業者なのです。

BigBossとGemForexを各項目で比較!

BigBoss GemForex
安全性
  • 金融ライセンスあり
  • 分別保管
  • 金融ライセンスあり
  • 分別保管
最大レバレッジ 最大999倍 最大1,000倍
スプレッドの狭さ スタンダード口座は狭い ノースプレッド口座は狭い
ボーナスの充実度
  • 未入金ボーナスや入金ボーナスは不定期開催
  • 取引ボーナスあり
  • 未入金ボーナス2万円
  • 入金ボーナスは抽選
取扱銘柄やトレードのしやすさ FX38種類 FX33種類
取引ツールの豊富さ
  • MT4のみ
  • MT4
  • 自動売買ソフト
  • ミラートレード
注文方式 NDD方式 DD方式
スキャルピングのしやすさ 制限がない 制限あり
入出金の利便性 豊富 出金方法が銀行出金のみ
日本語サポートの充実度 やや長い やや短め

海外FX業者を選ぶ際に大事なのは、スプレッドやボーナスの有無など各項目を総合的に比較することです。そこでBigBossとGemForexのそれぞれの項目を比較してみました。

BigBossとGemForexの業者としての安全性

BigBoss GemForex
運営開始年 2013年 2010年
本拠地 セントビンセント及びグレナディーン諸島 ニュージーランド(香港やイギリスにもオフィスあり)
金融ライセンス SVG IBC(セントビンセント及びグレナディーン諸島) ニュージーランド証券投資委員会
預かった資金の保管方法 分別保管 分別保管

BigBossの概要

BigBossは2013年に設立され、セントビンセント及びグレナディーン諸島の金融ライセンスを取得しています。近年は、日本市場にも力を入れており、多くの日本人トレーダーにも人気があるFX業者です。

ただし、顧客から預かった資金は自社の運営資金とは分けていますが、信託先に預けているわけではありません。そのため、倒産した場合に資金が戻ってこない可能性はあります。

▶︎BigBossのメリット・デメリットの詳細はこちら!

GemForexの概要

一方のGemForexは、ニュージーランドに拠点があり金融ライセンスも取得しています。

また、日本人が経営に携わっており日本人スタッフの数も多いことから、もともと日本人の口座開設者が多いFX業者です。

ただ、GemForexも資金の保管方法は分別保管ですので、特別安心感があるわけではありません。とはいえ、どちらも海外のライセンスは取得しているのである程度安心してトレードができます。

レバレッジが高いのはGemForex!

口座残高 BigBoss GemForex
200万円未満 最大999倍 最大1,000倍※
200万円以上 最大500倍
500万円未満
500万円以上 最大200倍
1,000万円以上 最大100倍
その他の商品のレバレッジ
  • CFD商品は一律50倍
  • 仮想通貨は一律20倍
CFD商品は一律100倍

※300口座限定でレバレッジ5,000倍の口座もある

最大レバレッジが高いのはGemForexです。特に口座残高が200万円未満の場合は1,000倍、200万円以上であっても最大500倍でトレードができます。

他方、BigBossの最大レバレッジも999倍と高いですが、口座残高が500万円以上になると200倍に制限されるので注意しましょう。

そのため、レバレッジが高いのはGemForexです。ただし、口座残高が200万円以上500万円未満のトレーダーに限れば、BigBossの方がレバレッジが高くなります。

▶︎BigBossのレバレッジに関する詳細はこちら!

スプレッドが狭いのはGemForex

デイトレードやスキャルピングをしたいトレーダーにとってスプレッドは重要です。ではBigBossとGemForexでは、どちらの業者が狭いスプレッドで取引できるのでしょうか?

スタンダードな口座とスプレッドが狭い口座でそれぞれ比較してみました。

スタンダードな口座の比較

 

BigBoss
スタンダード口座
GemForex
オールインワン口座
USD/JPY 1.5pips 1.5pips
EUR/JPY 1.6pips 2.1pips
GBP/JPY 2.2pips 2.8pips
AUD/JPY 1.6pips 1.9pips
EUR/USD 1.7pips 1.8pips
GBP/USD 2.3pips 2.4pips
AUD/USD 1.5pips 1.7pips

まずは、BigBossのスタンダード口座とGemForexのオールインワン口座のスプレッドを比較しました。スタンダードな口座ではBigBossのスプレッドが狭いです。

そのため、スイングトレーダーや30万円未満の資金でトレードをしたいのであれば、BigBossがおすすめです。

スプレッドの狭い口座の比較

BigBoss
プロスプレッド口座※
GemForex
ノースプレッド口座
USD/JPY 0.85pips 0.3pips
EUR/JPY 1.35pips 0.5pips
GBP/JPY 2.15pips 1.3pips
AUD/JPY 1.65pips 0.6pips
EUR/USD 2.25pips 0.4pips
GBP/USD 2.05pips 1.4pips
AUD/USD 1.25pips 0.6pips

※片道4.5ドルの手数料を含めたもの

しかし、BigBossのプロスプレッド口座とGemForexのノースプレッド口座を比較したところ、すべての主要通貨でGemForexが狭いことがわかります。

GemForexの方がスプレッドが狭くなるのは、DD方式を採用しているからです。

▶︎BigBossのスプレッドに関する詳細はこちら!

ボーナスの充実度ならBigBoss!

BigBoss GemForex
ボーナスキャンペーンの開催頻度 不定期※ 常時
ボーナスの内容
  • 未入金ボーナス 5,000円
  • 100%入金ボーナスや60%入金ボーナス
  • 1lotの取引ごとに4ドルのボーナス
  • 未入金ボーナス 20,000円
  • 100%入金ボーナスなど(抽選)

※取引ボーナスは常時開催

次にBigBossとGemForexのボーナス制度を見ていきましょう。まず、GemForexはいつでもボーナス制度を利用できボーナスも豪華です。しかし、入金ボーナスについては抽選なので注意してください。

一方、BigBossのボーナスもメリットが盛りだくさんです。例えばこちら↓

  • 2〜3か月に1回の頻度で開催されている
  • 1LOTごとに4ドルのボーナスを受け取れる
  • ボーナスが抽選ではない
  • スプレッドが狭い口座もボーナスの対象

BigBossのボーナスキャンペーンは2〜3か月に1回のペースで開催されているので、十分ボーナスをもらうチャンスはあります。特に1LOTごとに4ドルのボーナスが受け取れるので、たくさん取引している人はお得でしょう。

なので、あなたがBigBossで取引をすればするほどお得になるというシステムなんです!

なお、2020年に開催されたボーナスキャンペーンは以下の通りです。

開催時期 主なボーナスの内容
2020年3月
  • 最大100%入金ボーナス
  • 最大50万円まで
2020年6月〜7月
  • 最大60%入金ボーナス
  • 最大60万円まで
2020年11月〜12月
  • 最大100%入金ボーナス
  • 最大60万円まで
2020年12月
  • 未入金ボーナス

他の業者とは異なり、スプレッドが狭いノースプレッド口座もボーナスの対象となります。スプレッドの狭いFX業者を使いながらボーナスももらっておきたい方は、ぜひBigBossを使ってみてください!

取引銘柄の数やトレードのはじめやすさならBigBossがおすすめ!

BigBoss GemForex
FX通貨ペア 38種類 33種類
CFD
  • 貴金属2種類
  • 株式指数7種類
  • 原油2種類
株式指数のみ10種類※

※オールインワン口座のみ取引可能

取り扱い銘柄の種類やトレードのはじめやすさは、以下の理由によりBigBossに軍配が上がります。

  • FXの通貨ペアがGemForexよりも多い
  • 取引できるCFDの種類が多い

FXの通貨ペアやCFDの種類の多さは、どちらもBigBossが多くCFDの取引も可能です。

BigBoss GemForex
初回入金額 すべての口座に制限がない
  • オールインワン口座は0円
  • ノースプレッド口座は30万円
FXの取引ができる口座での追証 なし なし
強制ロスカットされる証拠金維持率 20% 20%

初回入金額の制限もないので、資金が少ないトレーダーも安心して取引ができます。一方、GemForexのノースプレッド口座の初回入金額は30万円以上です。

したがって、BigBossの方が初心者向きといえるでしょう。

自動売買やミラートレードをするならGemForexがおすすめ!

BigBoss GemForex
MT4 対応 対応
Webトレーダー 対応 対応
スマホやタブレット 対応 対応
自動売買ソフト 対応(提供は無し) 対応(提供はあり)
ミラートレード 非対応 対応

取引ツールはBigBossもGemForexもメタトレーダー4に対応しています。そのため自宅でも通勤中でも、いつでもどこでも取引が可能です。

しかし、GemForexでは自動売買用のソフト(EA)を口座残高に応じて無料で提供していたり、プロのトレーダ-の取引をそのまま真似ることができます。※BigBossではそれらが非対応です。

そのためメタトレーダーの取引に飽きた場合やEAにお金をかけたくないのであれば、GemForexがおすすめです。

透明性の高い取引ができるのはBigBoss!

BigBoss GemForex
取引方式
  • スタンダード口座はNDD方式
  • プロスプレッド口座はECN方式(NDD方式の1種)
DD方式

FXで稼ぐにあたって重要なのが注文方式です。FXではDD方式とNDD方式の2種類があります。

BigBossでは両方の口座でNDD方式を採用していますが、GemForexではDD方式を採用しています。

DD方式よりもNDD方式のほうが、約定拒否や呑み行為(顧客から受け取った注文を市場に流さない)ができないため、透明性が高いと言われています。

もちろんDD方式を採用しているFX業者が悪いとは限らないですが、仕組み上はFX業者が約定拒否や呑み行為をできないNDD方式の方が安心して取引できます。

そのため、約定拒否などのリスクが気になる方はBigBossを選びましょう。

スキャルピングに寛容なのはBigBoss!

BigBoss GemForex
スキャルピング 認められている 認められている
スキャルピングについてのルール なし
  • 規約の12条でロット数の多いトレードの禁止
  • ガイドラインに5分間に往復合計10LOT以上での連続した取引について明記

個人投資家がFXで多くの利益を稼ぐためには、短期間に何度も取引を行うスキャルピングがおすすめです。

どちらのFX業者もスキャルピングは認めていますが、筆者が実際に細かい規約の確認や問い合わせをしてみたところ、両社の姿勢には差がありました。

BigBossは、スキャルピングについては一切禁止されていません。

他方、GemForexでは、規約でロット数の多いトレードを禁止しており、ガイドラインにも5分間で往復10LOT以上の取引を連続して行うと、罰則や約定が通りにくくなることが明記されています。

また、スキャルピングをやる環境も大事です。

BigBoss GemForex
1回あたりの最大取引量 50LOT 30LOT
保有できる最大ポジション 制限なし 30ポジションまで

BigBossの方が1回あたりの最大取引量が多く、保有できるポジションも制限がないため、スキャルピング向きといえます。

入出金の利便性の高さならBigBoss!

次にBigBossとGemForexの入出金における手数料や着金までの反映時間を比べてみましょう。

入金方法 BigBossで入金時の反映時間 GemForexで入金時の反映時間や手数料
国内銀行送金
  • 当日〜1営業日で着金
  • 手数料は無料だが5万円未満の入金は1,000円かかる
  • 入金確認後即時
  • 1000円〜可能
クレジットカード
  • 当日〜1営業日で着金
  • 即時
  • 5000円〜可能
  • VisaやMastercardなどに対応しているが、JCBは対象外
bitwallet
  • 当日〜1営業日で着金
非対応
BXONE
  • 当日〜1営業日で着金
非対応
STICPAY 非対応
  • 即時
  • 5000円〜可能
bitcoin
  • 当日〜1営業日で着金
  • 即時
イーサリアム決済 非対応
  • 即時
海外銀行入金
  • 2営業日〜5営業日で着金
  • 入金確認後即時
  • 1000円〜可能

上の表は両社で入金する際の反映時間や手数料です。まず手数料についてはどちらの業者も基本的には無料です。

口座への着金時間についても大きな違いはありませんが、出金方法には明確な違いがあります。

出金方法 BigBossで出金時の反映時間 GemForexで出金時の反映時間や手数料
銀行送金
  • 2営業日〜5営業日で着金
  • ドル口座は20$、円口座は2,000円かかる
  • 中継銀行と受取先の銀行で手数料がかかる
  • 1円〜出金可能
  • 3営業日〜5営業日
  • 手数料無料
bitwallet
  • 1営業日〜5営業日で着金
非対応
BXONE
  • 1営業日〜5営業日で着金

BigBossは銀行送金だけでなく、手数料無料で出金ができるbitwalletやBXONEで出金ができます。また入金した方法とは別の方法でも出金が可能です。

他方、GemForexは銀行送金にしか対応していないので着金にも時間がかかることが多いです。そのため、BigBossの方が入出金の利便性が高いです。

日本語サポートの充実度ならBigBossがおすすめ!

BigBoss GemForex
対応時間 平日10時〜18時 平日10時〜17時
対応方法
  • ライブチャット
  • メール
  • コールバック
  • 問い合わせフォーム
  • ライブチャット

日本語サポートの対応時間はBigBossの方が長いので便利です。さらに、18時以降にメールをしても1時間で返信をもらえることもあります。

GemForexもサポートの質は良いですが、対応時間が短いため、返信までに時間が掛かる可能性が高いです。

まとめ:長く利用するならBigBossの方がおすすめ!

BigBossもGemForexもそれぞれ強みや弱みがあります。ただ、以下の点に該当するのであれば、BigBossをおすすめします。

  • ボーナスを確実にもらいたい
  • スキャルピングをしたい
  • 入出金の利便性な業者を選びたい
  • 日本語サポートの充実している方が良い

BigBossを選ぶなら、ボーナスキャンペーンの開催時を狙いましょう。また取引をするごとにボーナスをもらえるので、長く取引をしたい方や大量に取引をしたいのであれば、BigBossがおすすめです。

4月 30, 2021海外FX