BigBoss(ビッグボス)で使える口座5種類を解説【あなたにピッタリな口座はどれ?】

8月 10, 2021

ほとんどの海外FX業者は、口座を数種類用意しています。そのため、これまで国内FXでしか取引した経験がなければ、どの口座を選べばよいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、

  • BigBossの5種類の口座の違い
  • それぞれの口座の特徴やメリット・デメリット
  • それぞれの口座がどんな人にオススメであるか
BigBossでは、主に以下の3種類の口座を提供しています。
口座 主な利用目的
スタンダード
口座
  • レバレッジが高い口座を探している
  • ボーナスがもらえる
  • FX以外の商品に興味がある
プロスプレッド
口座
  • スプレッドが狭い口座がよい
  • FXの取引にしか興味がない
FOCREX
口座  
  • 仮想通貨の現物取引をしたい
  • EXコインを取引したい
どの口座を選ぶかは、自分の目的次第です。そのため、さあざまな条件を比較して選ぶ必要があります。次章からは、それぞれの口座の特徴やメリットを見ていきましょう。

「スタンダード口座」の特徴やメリット

BigBossのスタンダード口座は、STP方式の口座です。スタンダード口座のスペックを以下の表にまとめてみました。
項目 スタンダード口座
最大レバレッジ 999倍
取引手数料 なし
ボーナス あり
ロスカット 20%
スプレッド 普通
最低入金額 1,001円〜
最小取引単位 0.01Lot
注文方式

STP方式

口座通貨
  • USD
  • JPY
取扱銘柄
  • FX
  • CFD
  • 仮想通貨
取引単位
(1ロット)
10万通貨
追証 なし
プラット
フォーム
  • MT4
  • Web版MT4
スタンダード口座は最大レバレッジ999倍の取引環境で、FXやCFD、仮想通貨の取引ができる口座です。スタンダード口座の特徴は4つあります。
 
  1. 取引手数料が発生しない
  2. 取引ボーナスがもらえる
  3. スプレッドは平均的なレベル
  4. 取扱銘柄が多い
順番に解説しますね!

1.取引手数料が発生しない

BigBossのスタンダード口座では、FXとCFDの取引手数料が無料です。そのため、取引時にかかるコストはスプレッドのみです。ただし、仮想通貨の取引をする場合は、往復0.4%の手数料がかかるので注意してください。

2.取引ボーナスがもらえる

BigBossのスタンダード口座では、1ロットの取引ごとに4ドルのボーナスがもらえます。もらったボーナスは出金できません。しかし、証拠金の代わりに使えるので、たくさん取引をすればするほど証拠金がどんどん増えていきます。

取引量 もらえるボーナス
1ロット 4ドル
100ロット 400ドル
1,000ロット 4,000ドル

トレードをたくさんやりたい方にはおすすめの口座です。

3.スプレッドは平均的なレベル

スタンダードFX口座のスプレッドは、他の口座よりもやや広めです。とはいえ、他の海外FX業者のスタンダード口座とは同じくらいの水準です。以下の表は、BigBossとXM・GEMFOREX・AXIORYのスプレッドを比較したもの。
業者 EUR/USD USD/JPY EUR/JPY
BigBoss 1.7pips 1.7pips 2.0pips
XM 1.6pips 1.5pips 2.5pips
GEMFOREX 1.8pips 1.6pips 1.8pips
AXIORY 1.2pips 1.4pips 1.6pips
※スプレッドは筆者がそれぞれのブローカーのレートを5分間見続けて(15時と17時に1度ずつ)出た数値の中央値。  
他の業者のスプレッドと比較しても大差ないことがわかります。むしろ、BigBossでは、取引ボーナスが提供されているので、概ね0.4pips分の取引コストを抑えられます。
例えば、ドル円のスプレッドは、他の業者よりも広い1.7pipsです。しかし、取引ボーナスを差し引いた実質のスプレッドは、1.3pipsと他の業者よりも狭くなります。
このように、BigBossのスタンダード口座は、取引コストの面においても他社と互角以上の取引環境を提供しています。

4.取扱銘柄が多い

BigBossのスタンダード口座は、全口座の中で最も取扱銘柄が多いです。
口座 FX CFD 仮想通貨
スタンダード
口座
33種類 10種類 9種類
プロスプレッド口座 33種類 なし なし
FOCREX
口座
なし なし 6種類
USD/JPYやEUR/USDなど主要な通貨ペアははもちろん、USD/RUB、USD/TRYなどマイナーな通貨ペアも多数揃えています。
さらに、BigBossの中では唯一CFD取引が可能です。
  • ゴールドやシルバー
  • 原油
  • 株式指数
加えて、ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨の取引もできます。ただし、全ての商品のレバレッジが999倍ではありません。
商品 最大レバレッジ
FX通貨ペア 999倍
一部通貨ペア※ 50倍
CFD 50倍
仮想通貨 20倍
※USD/RUB、USD/TRY、USD/ZAR
一部のFX通貨ペアとCFDのレバレッジは50倍、仮想通貨のレバレッジは20倍に固定されるので注意が必要です。

プロスプレッド口座

BigBossで提供されているプロスプレッド口座は、ECN方式の口座です。プロスプレッド口座の取引環境について以下の表にまとめました。
項目 プロスプレッド口座
最大レバレッジ 999倍
取引手数料 往復9ドル
ロスカット 20%
スプレッド 狭い
最低入金額 1,001円〜
最小取引単位 0.01Lot
注文方式

ECN方式

口座通貨
  • USD
  • JPY
取扱銘柄 FXのみ
取引単位
(1ロット)
10万通貨
追証 なし
プラット
フォーム
  • MT4
  • Web版MT4
プロスプレッド口座の特徴は以下の5つです。
 
  1. スプレッドが狭い
  2. 1ロット往復9ドルの取引手数料がかかる
  3. ボーナスがもらえる
  4. レバレッジは999倍
  5. 取引できるのはFXのみ
順番に解説しますね!  

1.スプレッドが狭い

プロスプレッド口座はスタンダードFX口座よりも狭いスプレッドで取引ができます。以下は2つの口座のスプレッドを比較した結果です。
通貨ペア スタンダード口座 プロスプレッド口座※
USD/JPY 1.7pips 1.35pips
EUR/JPY 2.0pips 1.6pips
GBP/JPY 2.9pips 2.3pips
AUD/JPY 1.9pips 1.85pips
EUR/USD 1.7pips 1.55pips
GBP/USD 2.5pips 2.25pips
AUD/USD 1.7pips 1.65pips

※往復の取引手数料を含んだスプレッド

どの通貨ペアも、プロスプレッド口座の方が狭いことがわかるでしょう。プロスプレッド口座が狭いスプレッドを提供できるのは、顧客の注文をインターバンクの最も条件のよい注文とマッチングさせるからです。

そのため、スキャルピングやデイトレードが得意なトレーダーは、プロスプレッド口座を選びましょう。

スプレッドの狭い10社を比較!

2.1ロット往復9ドルの取引手数料がかかる

プロスプレッド口座では、1ロットの取引ごとに往復9ドルの手数料が発生します。他の海外FX業者と比較すると、やや高い手数料がかかるので注意が必要です。
業者 往復の取引手数料
BigBoss 9ドル
AXIORY 6ドル
HotForex 6ドル~8ドル
XM 10ドル
※いずれも1Lot=10万通貨の取引手数料です。  
とはいえ、BigBossでは、1ロットあたり4ドルの取引ボーナスがもらえます。取引ボーナスがあるので、実際の取引コストは高くありません。 
 

3.ボーナスがもらえる

BigBossのボーナスは、スプレッドが狭いプロスプレッド口座にも適用されます。取引ボーナスはもちろん、不定期で開催される100%入金ボーナスももらえます。
業者※ ボーナス
BigBoss 
  • 100%入金ボーナス(不定期)
  • 取引ボーナス
XM  口座開設ボーナス(3,000円分)のみ
HotForex なし
LAND-FX なし
IS6FX なし
※ECN方式の口座
 
一方、他の海外FX業者では、スプレッドの狭い口座はボーナスがもらえないケースが一般的です。100%入金ボーナスももらえるECN方式の口座はほとんどありません。
 
そのため、スプレッドの狭さかボーナスのどちらかを諦める必要があります。
 
BigBossのプロスプレッド口座なら、スプレッドが狭いだけでなくボーナスまでもらえるのです。

4.レバレッジは999倍

BigBossのプロスプレッド口座は、スタンダード口座と同じく999倍のレバレッジで取引ができます。したがって、スプレッドや約定力など取引環境にこだわる方でも、リスクを取ってトレードしやすいでしょう。
 
業者※ STP方式の口座 ECN方式の口座
BigBoss 

999倍

999倍
XM  888倍 500倍
HotForex 1,000倍 500倍
FBS 3,000倍 500倍
LAND-FX 500倍 200倍
他方、多くの海外FX業者では、スプレッドの狭いECN口座のレバレッジを制限しています。
 
例えば、XMの場合、STP方式のマイクロ口座やスタンダード口座であれば、最大レバレッジ888倍です。ところが、ZERO口座を使った場合、最大でも500倍のレバレッジでしか取引ができません。
レバレッジが低ければ、より多くの軍資金が必要になるため、注意する必要があります。
 

5.取引できるのはFXのみ

プロスプレッド口座で取り扱われている商品はFXのみ。CFDや仮想通貨の取引はできないので注意してください。他の海外FX業者は、ECN方式の口座でもCFD商品が取引できるケースが大半です。

この点は、プロスプレッド口座のデメリットといえます。

FOCREX(仮想通貨)口座


BigBossには、仮想通貨の取引口座があります。FOCREX口座と呼ばれており、仮想通貨の現物取引のみが可能です。
項目 FOCREX口座
最大レバレッジ 現物取引
取引手数料 往復0.4%
ロスカット なし
スプレッド 狭い
最低入金額 1,001円〜
最小取引単位 通貨ごと
注文方式 CEX方式
口座通貨
  • USD
  • JPY
  • BTC
  • ETH
  • OMG
  • QASH
  • EXC
  • AXE
  • XRP
  • NEO
取扱銘柄
  • BTC/USD
  • EXC/USD
  • ETH/USD
  • ETH/BTC
  • XRP/USD
  • NEO/BTC
取引単位
(1ロット)
通貨ごと
追証 なし
プラット
フォーム
FOCREX
FOCREX口座の特徴は3つあります。
  1. レバレッジをかけられない
  2. EXコインが取引できる
  3. ボーナスは一切もらえない
詳しく見ていきましょう!

1.レバレッジをかけられない

FOCREX口座は現物取引しかできません。FXのようにレバレッジをかけられないので注意してください。
口座 FOCREX口座 スタンダード口座
レバレッジ 現物取引 レバレッジ20倍
強制
ロスカット

なし

あり

追証

なし

なし

ただし、強制ロスカットもないので、仮想通貨の価格が大幅に下落しても慌てる必要はありません。利益が出るまでずっとポジションを保有し続けられるからです。

2.EXコインが取引できる

FOCREX口座では、国産仮想通貨であるEXコイン(EXC)の取引もできます。EXコインは、とても注目を浴びているコインで、今後値上がりが期待できるかもしれません。
FOCREX口座 6種類
スタンダード口座 9種類
一方のスタンダード口座は、FOCREX口座よりも取り扱っている通貨ペアの種類が多く、ビットコインキャッシュ(BCH)、イオス(EOS)、ライトコイン(LTC)などの取引に対応しています。
そのため自分が取引したい銘柄によって、使う口座を選ぶのも一つの手です。とはいえ、レバレッジをかけて取引をしたい方は、スタンダードFX口座を利用しましょう。 

3.ボーナスは一切もらえない

BigBossでは、取引ボーナスに加えて、不定期開催の100%入金ボーナスを提供しています。しかし、FOCREX口座は、いずれのボーナスももらえないので注意してください。

なお、スタンダード口座であれば、取引ボーナスをもらえます。ただ、取引ボーナスの対象になるのはFXの取引のみです。したがって、仮想通貨の取引ではボーナスをもらえないので注意しましょう。

他にもあるBigBossの口座

BigBossの口座は、これまで紹介してきたもの以外にもあります。

  • プレミア口座
  • MASS 口座

知名度はないですが、この2つの口座も使い方次第で大きな利益を得られます。詳しく見ていきましょう。

完全招待制の口座「プレミア口座」とは

BigBossは完全招待制の「プレミア口座」を提供しています。
プレミア口座では、顧客に代わって別のトレーダーが取引したり、自動売買ソフトを利用したりできます。  
なお、プレミア口座はBigBossのサイトから口座開設できません。口座開設するには、紹介者からリンクを送ってもらう必要があります。
試しに筆者が「BIGBOSS プレミア口座」とGoogle検索してみたところ、紹介リンクを掲載しているサイトが見つかりました。紹介者からのリンクを踏むと、以下のような申し込みフォームに飛び、必要事項を入力すれば口座開設ができます。

もし、興味がある場合は、ネット上で招待してくれるトレーダーを探してみましょう。

MASS 口座はプロのトレーダーと同じトレードができる

XMでは、MASS口座と呼ばれるプロのトレーダーと同じトレードをそのままコピーしてくれる口座も提供しています。成績のよいトレーダーをフォローすれば、簡単な設定をするだけで不労所得を得られる可能性があります。
すでにBigBossでトレードしたことがある方も口座開設はできます。スプレッドの狭さやレバレッジなどはスタンダード口座と同じ条件なので、特段デメリットはありません。
 
コピートレードに興味がある方はぜひ口座開設してみてください!

コピートレードができる海外FX業者なら!

BigBossでは3種類の口座を併用できる

BigBossでは3種類の口座を併用できます。現在スタンダードFX口座だけしか口座開設していない人も、追加でプロスプレッド口座やFOCREX口座の開設が可能です。  
追加で口座開設するには、BigBossにログインして「追加口座開設」をクリックします。 以下のような画面に切り替わりますので、開設したい口座を選択しましょう。

追加の口座開設にかかる日数は通常0~1営業日であり、場合によっては2営業日以上かかるのでご注意ください。

まとめ:BigBossで取引するならプロスプレッド口座がおすすめ!

BigBossでは全部で5つの口座を提供しています。とはいえ、基本的にはスタンダード口座かプロスプレッド口座のいずれかの利用で十分です。
FX以外の商品も取引したいのであれば、スタンダード口座を選びましょう。しかし、FXの取引だけで十分な方は、断然プロスプレッド口座をおすすめします。
なぜなら、プロスプレッド口座には以下のメリットがあるからです。
  • レバレッジやボーナスはスタンダード口座と同じ
  • スプレッドは最も狭い
ECN方式のプロスプレッド口座は、レバレッジやボーナスについてはスタンダード口座と同じように利用できます。加えてスプレッドが狭いため、明らかにプロスプレッド口座がおすすめです。
FXで早く稼げるようになるためには、早くトレードを始める必要があります。他の海外FX業者に引けを取らない環境で取引できるので、口座開設してみてください!

スプレッドが狭い口座なら!

8月 10, 2021口座開設